炎のブログ

三国一の幸せ者の俺が、幸せになるためのノウハウをコッソリと公開する。題して「幸せ力」。ついでにちょくちょく時事問題とかも。普段は立場的に真ん丸なことしか言えんから、ここで匿名で本音を言いまくるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸せ力 3: 幸せは「選ぶ」もの

自らHAPPY編1

     幸せは「選ぶ」もの

ただ単に、「幸せになりたいと思っている」だけではダメです。

幸不幸は、自分の意思で「選ぶ」ものです。

「幸せになりたいですか、不幸になりたいですか?」
そう聞かれれば、誰もが「幸せになりたい」と答えます。

問題は、次の質問です。


「幸せに向かう行動を選んでますか?
不幸に向かう行動を選んでますか?」



どういうことかというと、
駅に行きたいときには、駅の方向に歩くことを選びますね。
駅と正反対の方向は選びません。

それと全く同じように、「幸せに向かう行動を選んでいるかどうか?」ということです。

幸せになる人、不幸になる人。
人生で成功する人、しない人。
もしも、この違いは、幸せに向かう行動を選ぶことをどのくらい徹底しているかで決まるというと驚きますか?
実は、そんな単純なことで決まっています。

 私たちは、「幸せになりたい」と思っているはずなのに、実際には頻繁に幸せとは反対の方向に向かって行動することがあります。
それはどういうときかというと、「怒り」「恐れ」「妬み」「不安」というダークサイドの感情に捕らわれたときです。

 一例を挙げます。

**********
渋滞の車の中でイライラしている。
後ろの車がクラクションを鳴らしてくる。ムカつく。
車の窓を開けて「やかましい!」と怒鳴る。
相手は気の短いチンピラさんだった。

逆上したチンピラにナイフで刺される。

**********
「怒り」という感情に捕らわれて、不幸になる例です。

クラクションを鳴らされたときに選択があります。
「怒り」というダークサイドの感情を選ぶか?
それとも、
「幸せ」を選ぶか?

こういう選択は、私たちは一日に何回も行っています。
そして、「幸せになりたい」とは思いながら、不幸に向かう感情と行動を選択しまくっている場合が多いです。
冒頭で言った、単に「幸せになりたいと思っている」だけではダメだとはこういうことです。
「不幸に向かう感情と行動」を避けて、「幸せに向かう感情と行動」を選択して、初めて「幸せを選ぶ」ということになります。
不幸になる感情とは、ダークサイドの感情です。
不幸になる行動とは、ダークサイドの感情に捕らわれた行動です。

ダークサイドの感情は、我々の幸せを邪魔する敵です。
そしてその敵は、私たち自身の心の中にいます。
しかも、それは最強の強敵(強敵と書いて「とも」と読む)です。
失敗の九十%以上は、環境、外敵、障害などの外的なものが原因ではなく、これら内なる敵が原因ではなかろうか。

よほど強く意識しないでいると、ダークサイド感情に捕らわれてしまい、全戦全敗、連敗記録更新しまくりです。
勝ち越しができるだけでも、相当な達人です。

スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/10/09(月) 20:54:25|
  2. 幸せ力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広島ドッグパークより酷い人たち | ホーム | 幸せ力 2:  序論②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zzaa.blog77.fc2.com/tb.php/8-995a85d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ほのおの

Author:ほのおの
学校の勉強をしても幸せにはならない。成功もしない。
あれは学者か小市民を養成するためのコースだ。
社会で成功したり、人生で幸せになるためのコースではない。

そこで、

仕事・恋愛・人間関係の全てに大満足な三国一の幸せ者の俺が、
これまでの人生の中で、学んだり、経験したりした、幸せになるための秘伝ノウハウをコッソリと公開する。

といっても、別に俺独自の理論というわけではない。

実は、聖書・仏教・儒教・成功哲学といった古今東西の宗教・哲学の底流に共通して流れる真理だったりする。

しかし宗教・哲学関係の本って、やたら何言っているかわからんからな。なんであんなに難解な表現なのかね。

俺は、もっと粗野に格調低く、そしてわかりやすく、語ろう。
先人たちの教えに対する感謝と後輩たちへの贈り物として。

迷走する日本教育の犠牲者たる若者の皆様。
幸せになるための一助にでもなればとても嬉しく思いますよ。

QRコード

AdSense

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トラックバックリスト

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。