炎のブログ

三国一の幸せ者の俺が、幸せになるためのノウハウをコッソリと公開する。題して「幸せ力」。ついでにちょくちょく時事問題とかも。普段は立場的に真ん丸なことしか言えんから、ここで匿名で本音を言いまくるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸せ力 2:  序論②

HAPPYになるには、2つの側面があります。
自らHAPPYになる側面、人とHAPPYになる側面。

まず、「自らHAPPY」編から始めます。
とにかく最初に自分ありきです。人と上手くやっていくのも自分だからです。
「汝自身を愛せ」です。

ここのテーマは、「人の幸不幸は、運命によって決まるのではなく、自らの選択の積み重ねによって決まる」ということです。
何が自分にできて、何が自分ができないことなのでしょうか?



一言で答えれば、
「他人と過去は変えられない。自分と将来は変えることができる」です。
といっても、ピンと来ない人がいるかも知れませんが、ピンとくるように具体例とかを交えながら詳しく話します。


その後で、「人とHAPPY」編に入ります。

目的は2つです。
1、仲良くなる
2、人を動かす

人が動く理由は、「頭」「心」「腹」の3つに分かれます。
「頭」が「道理」、「心」が「感情」、「腹」が「利害」です。

いきなり、道徳心の無いことを言ってしまいますが、最も弱いのが「頭」です。
道理は皆最も大切にしているように言いますが、実際には人が動く動機としてはあまり強くありません。
頭(理屈)ではわかるんだけどぉ、でも・・・」というセリフが象徴的です。
結局、理屈がどうであれ、感情で行動を決めるのが人です。
理屈はむしろ、感情で決めたことを説明するために、後付けでうたうという用途がほとんどです。

そして、「心(感情)」よりも強いのが「腹(利害)」です。
気持ちとしてはどうにかしたいのだが、しかし・・・」というセリフが象徴的です。

もちろん、人によって、3つのうち、どれをどの程度重んじるかは違うのですが。
総合すると、「道理<感情<利害」の順に強いです。
こういうと、神も仏もありませんが、どうあるべきかは別にして、何が本当かという事実ベースの話をしています。

人を動かすために必要なのは「正面の理、側面の情、背面の恐怖」という、中坊公平氏の言葉がありましたが、この3つのことを上手く言い表してます。

例えば、騒音を出す隣人に対して注意するとき、
道理アプローチなら、
「地球環境が・・・、市民としての公共道徳が・・・・」
感情アプローチなら、
「ごめんなさい。うちの母が病気で睡眠不足になっちゃって・・・」
利害アプローチなら、
「てめえ、こんどうるさい音出したらぶっ殺すぞ!」
っていうことになるでしょう。

「利害」というのは物理ですから、ここでは扱いません。
「道理」と「感情」の2つで、「利害」よりも強い、人を動かす力を生み出すことを目的とします。

スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/10/07(土) 07:52:37|
  2. 幸せ力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸せ力 3: 幸せは「選ぶ」もの | ホーム | 幸せ力 1: 序論①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zzaa.blog77.fc2.com/tb.php/7-41b92abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ほのおの

Author:ほのおの
学校の勉強をしても幸せにはならない。成功もしない。
あれは学者か小市民を養成するためのコースだ。
社会で成功したり、人生で幸せになるためのコースではない。

そこで、

仕事・恋愛・人間関係の全てに大満足な三国一の幸せ者の俺が、
これまでの人生の中で、学んだり、経験したりした、幸せになるための秘伝ノウハウをコッソリと公開する。

といっても、別に俺独自の理論というわけではない。

実は、聖書・仏教・儒教・成功哲学といった古今東西の宗教・哲学の底流に共通して流れる真理だったりする。

しかし宗教・哲学関係の本って、やたら何言っているかわからんからな。なんであんなに難解な表現なのかね。

俺は、もっと粗野に格調低く、そしてわかりやすく、語ろう。
先人たちの教えに対する感謝と後輩たちへの贈り物として。

迷走する日本教育の犠牲者たる若者の皆様。
幸せになるための一助にでもなればとても嬉しく思いますよ。

QRコード

AdSense

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トラックバックリスト

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。