炎のブログ

三国一の幸せ者の俺が、幸せになるためのノウハウをコッソリと公開する。題して「幸せ力」。ついでにちょくちょく時事問題とかも。普段は立場的に真ん丸なことしか言えんから、ここで匿名で本音を言いまくるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「責任ある決定」と「無責任な批判」

「責任ある決定」と「無責任な批判」


 世の中のありとあらゆるモノや人の本質部分は、長所と短所が表裏一体になっている。
それはコインの裏表であり分離不可能なのだ。
枝葉部分ならともかく、本質部分はデメリットだけ除き取ることはできない。
デメリットを破壊するということはメリットも破壊することを意味する。

 何かを否定し新しいものに変えようとする際に大切なことは、「何を破壊しようとしているか?」をしっかり認識した上で破壊することだ。
すなわち、否定しようとしている対象のデメリットだけでなくメリットも明確に把握することが極めて大切。
そのうえで破壊するメリットとデメリットを総合的に判断して決定する。
人を否定するときもモノを否定するときも同じだ。

 デメリットを取り除く効果だけではなく、メリットを破壊する損失についても責任を負う。
それが「責任ある決定」の意味である。
 一方でデメリットだけみてむやみに否定し破壊しようとするのが「無責任な批判」の意味である。 

 「破壊するメリットについて関心を持つか、持たないか?」 それが「責任ある決定」と「無責任な批判」の見分け方だ。
責任を持つ者と万年与党の違いだ。

 無責任な者は、マイナス面のみを見て、人を批判したり、モノを破壊しようとする。
破壊した結果プラス面がなくったことを指差してさらにまた文句を言う。
どんな体制になっても永久に文句だけを言い続ける万年野党のように。
批判だけして壊すだけ壊し、その結果に対してはお構いなし。
ボイコットと批判を行い続けることでしか自己の存在をアピールできない。
価値をつくるのは人任せ、自ら創造しようとはしない。
あなた創る人、私批判する人」。
当然ながらそのような無責任な批判に我々の未来を預けるわけにはいかぬ。

「環境保護を語るならば、その代償に何を犠牲にするかを問わねばならない。
そういうバランス感覚抜きで<環境汚染=悪>というなら、一番良いのは人類がいなくなることだ。二酸化炭素を大量に排出しているのだから。
環境を汚染するもの全てを無条件に責める奴に対しては、『それなら、おまえ死んだらどうだ? おまえの存在自体も環境汚染なんだから』」
とおっしゃるお方がいたが、全くそのとおりだ。

 俺も「世の中の事象はすべてが相対的であり、絶対的な真実など存在しない」なんていう学生には、
『ほんなら、おまえ、赤信号渡れよ。車がビュンビュン走る中をな。
赤信号も車も恥も危険も痛みもおまえの体も無意味なんだろ?』と言いたい。

 俺が学生のとき、「あなたの幸せを祈らせてください」という新興宗教姉ちゃんが勧誘してくると、
俺:「俺これからバイトなんだけど」
宗教:「バイトよりずっと大事なことです。あなたの幸せは私にとっても大事です」
俺:「俺の幸せがあんたにとって大事?」
宗教:「そうです。私は人類を幸せにすることに命を捧げています」
俺:「じゃあ、1万円ちょうだい」
宗教:「・・・・。それはちょっと」
俺:「なんや、それ。えらい安い命やな」
 どんな反論をしても離してくれない新興宗教も、こう言うといつも解放してくれた。
勧誘されるたびに同じ質問を何回もしたが、1万円くれる人も、代わりにバイトしてくれる人もいなかった。
人の事情はことごとく否定するのに、自分が犠牲を払うのは嫌がる。  
そんな人が軽々と「あなたの幸せを真剣に望んでいる私の言うことを聞きなさい」と言う。
なんともええかげんなもんだ。


 ホリエモンに対してマスコミが右から左に豹変したのも問題の根は同じだ。
「ホリエモンの行なう破壊の結果、何が犠牲になるか?」を問うことなく、「旧体制の破壊=時代の英雄」という安易な図式をつくりあげた。日本の伝統的な価値感を否定していたのだ。
そしてホリエモンが逮捕されたら、もっともらしいご高説をたれてホリエモンを全面否定だ。

性懲りもなく、かつて熱狂的に持ち上げていた彼の良い面については完全に無視して全面的に否定している。


 安易に否定してはならない。否定には覚悟がいる。
 何かを否定するならそれに伴って犠牲となるメリットを失う覚悟を持たねばならないのだ。

スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 2006/10/04(水) 09:16:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<<構え!撃て!狙え! | ホーム | 評論戦士SEIGI>>

コメント

>責任を持つ者と万年与党の違いだ。

とは、なんじゃらほい。

万年野党

  1. URL |
  2. 2006/10/21(土) 07:22:27 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zzaa.blog77.fc2.com/tb.php/14-f10e1692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ほのおの

Author:ほのおの
学校の勉強をしても幸せにはならない。成功もしない。
あれは学者か小市民を養成するためのコースだ。
社会で成功したり、人生で幸せになるためのコースではない。

そこで、

仕事・恋愛・人間関係の全てに大満足な三国一の幸せ者の俺が、
これまでの人生の中で、学んだり、経験したりした、幸せになるための秘伝ノウハウをコッソリと公開する。

といっても、別に俺独自の理論というわけではない。

実は、聖書・仏教・儒教・成功哲学といった古今東西の宗教・哲学の底流に共通して流れる真理だったりする。

しかし宗教・哲学関係の本って、やたら何言っているかわからんからな。なんであんなに難解な表現なのかね。

俺は、もっと粗野に格調低く、そしてわかりやすく、語ろう。
先人たちの教えに対する感謝と後輩たちへの贈り物として。

迷走する日本教育の犠牲者たる若者の皆様。
幸せになるための一助にでもなればとても嬉しく思いますよ。

QRコード

AdSense

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トラックバックリスト

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。