炎のブログ

三国一の幸せ者の俺が、幸せになるためのノウハウをコッソリと公開する。題して「幸せ力」。ついでにちょくちょく時事問題とかも。普段は立場的に真ん丸なことしか言えんから、ここで匿名で本音を言いまくるのだ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徹底的な自由競争。相続無しっ

というわけで、格差と呼ばれている場合の多くは、

「仕事に縛られないゆとりのある人生を好む者」と「バリバリに働く上昇志向の強い者」とが、それぞれに望みどおりの道を進んで、望みどおりになっている結果にすぎないと思うので、基本的には格差は徹底的につければ良いと思う。

しかし、そういう場合がすべてではなく、実際に、仕事を選り好みせず懸命に働いても貧しい生活を余儀なくされている場合もあるだろう。その場合は確かに気の毒だ。なんとかしてあげたい。

だからといって、優秀でハードに努力をして稼いだ者からとりあげて、その富をまわすというのは「等しきものは等しく、等しからずものは等しからず扱う」という公平の原則から外れる。

自らの努力や勤労とは関係なく、恵まれている者からとるべきだろう。

そういう層が存在している。それは、親が金持ちだというだけで金持ちになっているボンボンだ。

親が金持ちだというだけで、豪邸に住み、外車を乗り回す連中がいる一方で、親の借金を返すだけのために人生を費やす人々もいる。

これを不公平といわずして、何を不公平というのだろう。


結論:
機会の平等で、徹底的に自由競争にして、徹底的に格差をつければいい。
ただし、一回一人生限り。
相続は1千万円くらいを上限にして後はとり上げる。
死んだらリセットして、子供はみな同じスタートに立たせる。


ちょっと過激なので文字をひとまわり小さくしてみた。
わりと小心者だったりする。

しかし、左翼からも保守からもこういう意見は出ないのが不思議だ。

「機会の平等」「働かざる者食うべからず」を徹底的に貫くとこうなると思うのだが。。。



   ↓ 1クリック ↓
人気blogバナー e_03.gif

スポンサーサイト

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/09/25(月) 22:22:06|
  2. 格差社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ほのおの

Author:ほのおの
学校の勉強をしても幸せにはならない。成功もしない。
あれは学者か小市民を養成するためのコースだ。
社会で成功したり、人生で幸せになるためのコースではない。

そこで、

仕事・恋愛・人間関係の全てに大満足な三国一の幸せ者の俺が、
これまでの人生の中で、学んだり、経験したりした、幸せになるための秘伝ノウハウをコッソリと公開する。

といっても、別に俺独自の理論というわけではない。

実は、聖書・仏教・儒教・成功哲学といった古今東西の宗教・哲学の底流に共通して流れる真理だったりする。

しかし宗教・哲学関係の本って、やたら何言っているかわからんからな。なんであんなに難解な表現なのかね。

俺は、もっと粗野に格調低く、そしてわかりやすく、語ろう。
先人たちの教えに対する感謝と後輩たちへの贈り物として。

迷走する日本教育の犠牲者たる若者の皆様。
幸せになるための一助にでもなればとても嬉しく思いますよ。

QRコード

AdSense

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トラックバックリスト

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。